スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
「豊かさ」とは
ゴールデンウィークは再び鹿児島県鹿屋市に行って来た。
このブログでも色々と載せて来きたが、なぜ何回も行くのか。
それは来年、「第30回国民文化祭かごしま2015」に高鈴が
“音楽のチカラ”プロジェクトとして参加するからです。
http://kagoshima-kokubunsai.jp/?page_id=327&event_id=95


この国民文化祭では、主に子供達やその土地で暮らす人々と共に
音楽(高鈴の楽曲)で交流を深めたいと言うのが一番の目標です。

2年前から始まっている企画ではあるのですが、毎回あれこれと意見も
出て最近では合唱をテーマに動いてます。
先生方やスタッフもお忙しい中、協力してもらってます。
毎回、この街に訪れては発見や出会いがあります。

今回もまたそんな活動を少し紹介します。



高隈地区は美しい場所があるというか残っていると言ったほうが正しいかもしれない。



行くたびに、新しい発見やこの町の豊かさに気づく。
豊かさとは?
環境や食べもの、水など資源や気候さまざま上げられるのですが
一番は人のような気もする。特に子供達がそんな自然あふれる街で暮らしている事が
あの子達を見ていると本当の豊かな人間に見える。



今回も学校へ行っては先生方と話しました。
一連を映像にも残そうと思ってます。

それぞれが目標となる何かを残そう。ただそれに限ると思ってます。
子供も大人も一緒になって楽しめ、発展出来る何かを。


新しい曲を今年始めに作り、その曲をこれから合唱練習へと入って行ってます。
何度も歌のお返しをもらって、やっぱり歌って凄いなといつも思うのです。
上手いとか下手の前に、瞬発力のあるエネルギーがやっぱり歌にはあります。
それをこれからは色んな人と共に共感しながら進めて行きたいです。



5月3日は「とっておきの音楽祭」という、健常者、障がい者、共に音楽の場を
共有するイベントがありました。
ここでは今まで交流した人達がそれぞれのパフォーマンスをしていて
とても賑わっていました。高鈴としても来年は参加したいです。

そんなイベントを仕切るスタッフのみなさんとBBQ。しかも自宅で。広い。

やはりこの写真は載せておかないと。小鹿の7年寝かせの古酒バージョン。

ポスター展での小鹿ポスター。「鹿屋のバンビ」いいコピーだ。

ひとまず、来年の11月までこの活動は続き、近々ホームページの
リニューアルもあるのですが、そこでもこれからの動きは載せて行こうと思ってます。
高鈴として、新しい動きではあるのですが、そもそもの音楽のあり方を
ただただ見直している活動だと思ってます。
いつかは、全国の同じような場所や同じような考えの人達とまた
出会えるような気がしてます。
人との出会いこそ、豊かな心にしてくれる。






 
あきひさ comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








豊かさ…
ものでもなく、場所でもなく
どこにいても、何をしていても、
あるところにあるって気がします。
チャレンジしてる空気感っていいなぁ
from. miho | 2014/05/16 19:34 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://callin.jugem.jp/trackback/287
<< NEW | TOP | OLD>>